稼ぐ力(収入を増やす)

副業と本業を両立させる手帳術!手帳活用する副業サラリーマンの1日のスケジュール

「副業したいけど、本業が忙しくて時間がない!!」

「来年、時間ができたら副業に取り組みたいけど今は・・・」

 

私は、平日会社員でファイナンシャルプランナーの仕事をしながら、副業で個人事業主として働いています。

朝6時半には家を出発し、帰りは19時半頃に帰宅しています。

本業では決して優秀な社員とは言えませんが、ちゃんと本業で仕事して、副業で10〜15万円稼いでいます。

 

1年前に副業をスタートするときは、本業で毎日忙しいのに副業に費やす時間はあるのかなと考えていましたが、

今では、自分自身で主体的に時間管理・スケジュール管理ができるようになりました。

これから副業をやりたいけど時間がなくてできないと考えている方や、現在副業をしているけど時間管理に苦労している方の参考になれば幸いです。

それでは、早速いきましょう!

 

目的に着目する

読者さん
本業で忙しいんですが、私にも副業できますか?
FPモンちゃん
目的と時間に着目さえすれば、もちろん大丈夫ですよ!

 

まずは、目的に着目してみましょう。

あなたにとって、副業をする目的はなんですか?

 

・◯年後に起業するため

・毎月◯万円の収入アップのため

・子供の学資の積立のため

 

人によって目的は様々ですが、副業をする際に目的を決めることは最重要と言っても過言ではありません。

つまり、GOAL(目的地)を決めずに走り出す人があまりにも多いです。

まずは、あなたが目指す目的を明確にしましょう。

 

関連記事はこちらから

30代独身女性にオススメの副業は?自分に合った副業を選ぶポイントは「手帳戦略会議」

 

時間に着目する

次に、時間に着目してみましょう。

あなたは1日24時間をどのように使っていますか?

 

・仕事が終わって帰ったら、疲れて風呂に入って寝るだけ

・NetflixやYouTubeを見ている

・気づいたら1日が終わっている・・・

 

世界一の資産家であるAmazonの創業者ジョフ・べゾフ氏も、日本の総理大臣の菅首相も、会社員のあなたも私も唯一同じなのは1日に使える時間は24時間であるということ。

なぜあなたや私だけ忙しいのでしょうか。

なぜあなたや私だけ時間がないのでしょうか。

 

それは、お金と同じで時間に対しての価値の感じ方の違いなのかもしれません。

同じ1日24時間でも、使い方・考え方・捉え方が人によって異なります。

これが後の結果に直結してきます。

 

では、具体的に24時間を簡単に分解してみましょう。

睡眠・・・6時間

本業・・・8時間

サニタリー・・・3時間

 

しっかりと睡眠をとり、生活するために本業を行い、家族との食事やサニタリーの時間をとったとしても、まだ1日の時間を使い切っていません。

 

【24時間ー(6時間+8時間+3時間)=◯時間】

 

そうなんです。

あなたにも、私にも自由に使えるはずの時間が7時間(約30%)も残っているんです。

「私は、睡眠は8時間は欲しい・・・」

「私は、本業で残業が多いので定時に帰れない・・・」

 

そんな声が聞こえてきますが、冒頭お伝えした通り人はみな1日24時間であることは平等であり選択の自由があります。

睡眠を8時間とってもいいですし、残業をする会社でずっと勤めてもいいですし、決めているのは結局全部自分なんですよね。

あなた自身が、あなた自身の経営者になったつもりで、24時間を上手に運用してみましょう。

 

筆者の1日のスケジュール

そういう私も、副業をスタートしたばかりの時は時間管理がうまくできていないどころか、本業に忙殺されて言い訳を並べては、副業が続かない理由にしていました。

現在は、手帳で時間管理や日々のルーティンを管理して時間を主体的にコントロールしています。

実際に私のスケジュールはこのような1日の流れです。

 

筆者の平日のスケジュール

 5:00 起床

 5:15 MRT

 5:30 MGT①

 6:30 家を出発

 7:00 MGT②(@会社横のカフェ)

 8:00 出社

      本業 

19:00 終業・帰宅

19:30 夕食・風呂・洗濯

20:30 EGT①

21:30 EGT②

22:30 ERT

【略語説明】

MRT・・・モーニングルーティン

MGT・・・モーニングゴールデンタイム

ERT・・・イブニングルーティン

EGT・・・イブニングゴールデンタイム

 

私はテレビを見たり休憩する時間は設けていません。

目的に着目した時に、私は1年後に起業すると決意し、

時間の着目した時に、24時間しかなくその中で副業を4時間捻出すると決めたからです。

 

 

時間管理と副業に関するオススメ

現在、副業アドバイザーとしても活動している私の元には

「私に向いている副業はどんなものがあるでしょうか」

「今一番アツい副業はなんですか?」

というご質問をよくいただきます。

ここまで読んでいただいた方は、もう答えがわかるかと思いますが目的がない方のご質問例です。

 

日々忙しい中で副業を継続するというのは、非常に難しいことだと思います。

私は、時間を捻出する時間管理と目的を明確にして副業を行うという点では、手帳をうまく使うことが有効と考えています。

手帳はスケジュール管理だけでなく、あなたのビジョンや価値観、GOALまでの進捗確認ができるツールとしては副業との掛け合わせは抜群です。

私も1日の1%(15分間)を手帳タイムとして設けています。

 

さあ、今日からあなたは「あなたの時間の経営者」です。

まずはあなたも手帳に副業の戦略を書いてみませんか。

 

あわせて読みたい

月10万円稼いでいる副業サラリーマンのスケジュール管理とルーティン

 

おすすめの動画

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPモンちゃん

 会社員34歳のモンちゃんです。 

 ファイナンシャルプランナー(FP)として働いている私が、これから訪れる副業・複業時代に必要な『お金の知識』や『家計の見直し』に関する情報を発信していきます。
 私自身も2022年3月までに、会社の給料と同じくらいの副業収入を作り、脱サラができる状態にまでなれるか挑戦中!
 『貯める力』・『稼ぐ力』・『増やす力』・『学ぶ力』を身につけ、経済的自立を達成し、あなたの理想の人生へ近づけるお手伝いができるようなロードマップを作っていきます。
詳しいプロフィールはこちら

-稼ぐ力(収入を増やす)

Copyright© FPモンちゃんのブログ , 2021 All Rights Reserved.