今週のマーケット

3分で読める!今週のマーケット(11/29〜12/3)

今週も1週間お疲れ様でした。

来週を迎える前に今週どんなできごとがあって、世界のマーケットはどうだったのか一緒に3分間で確認していきましょう。

来週の主要イベントも要チェックですよ。

 

📈主要マーケット

💰為替

主要通貨       レート     先週比  変動率

🇺🇸🇯🇵ドル/円       112.8円    ▲0.5円      ▲0.4%

🇪🇺🇯🇵ユーロ/円      127.7円    ▲0.6円      ▲0.5%

🇦🇺🇯🇵豪ドル/円     78.9円    ▲1.8円      ▲2.2%

 

💹株価

主要指標          株価      先週比   変動率

🇯🇵日経平均    28,029円   ▲723円   ▲2.5%

🇯🇵TOPIX               1,985              ▲27       ▲1.4%

🇺🇸ダウ平均      34,580$        ▲319$      ▲0.9%

🇺🇸S&P500           4,538          ▲56       ▲1.2%

 

📊商品

主要商品        価格    先週比         変動率

💍金     1,784$           ▲7$       ▲0.4%

💣原油(WTI) 66.3$         ▲1.9$       ▲2.8%

 

☕️今週の振り返り

グローバル

世界株式市場は、新型コロナ変異株「オミクロン株」の感染拡大懸念の高まりや、パウエルFRB議長がテーパリング加速の可能性に言及したことなどが嫌気され、一部の新興国を除き調整含みの値動きとなりました。

■日本 

日経平均株価は、新型コロナの変異株「オミクロン株」の感染拡大による経済停滞への警戒感から大幅下落となり、約2ヶ月ぶりに2万8000円を割り込みました。

 

■米国

前々週末に新型コロナ変異株「オミクロン株」への警戒感から急落した反動で上昇して始まりましたが、その後は感染状況に一喜一憂となりました。

 

📖来週のトピック

■【日本】8日 11月景気ウォッチャー調査 

日本では、8日に景気ウォッチャー調査の結果が発表されます。

予想では、10月度よりも上向きの結果が期待されています。

 

■【米国】10日 11月CPI発表

米国では、10日に11月CPIが発表されます。変異株「オミクロン株」が経済活動を停滞させる懸念が強まれば、金融引き締め観測が後退することも考えられます。

一方、パウエルFRB議長発言からは、新型コロナが供給網を混乱させ、労働供給を制約していると捉えていることが垣間見え、金融正常化に向けた動きを優先させる可能性も考えられます。

 

⛳️使える小ネタ

■「親よりも豊かになれない!?」

将来に不安を抱く若者が多いイメージですが、それは世界共通なのでしょうか!?

米ニューヨーク・タイムズが21カ国の若者に「次の世代は、前の世代より良くなると思いますか?」

という調査を実施。

特徴的だったのが、先進国の程んどの国で「親よりも豊かになれない」という回答が過半数を超えていたのに対して、

新興国の国々では逆の結果でした。

ちなみに日本は70%の若者が親より豊かになれないと回答。

「経済成長」は若者の「未来への期待」に大きく影響するようです。

 

直近のマーケット記事

3分で読める!今週のマーケット(11/22〜11/26)

 

今週のオススメ本

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モンちゃん

 会社員35歳のモンちゃんです。 

 ファイナンシャルプランナー(FP)として働いている私が、これから訪れる副業・複業時代に必要な『お金の知識』や『家計の見直し』に関する情報を発信していきます。
 私自身も2022年3月までに、会社の給料と同じくらいの副業収入を作り、脱サラができる状態にまでなれるか挑戦中!
 『貯める力』・『稼ぐ力』・『増やす力』・『学ぶ力』を身につけ、経済的自立を達成し、あなたの理想の人生へ近づけるお手伝いができるようなロードマップを作っていきます。
詳しいプロフィールはこちら

-今週のマーケット

Copyright© FPモンちゃんのブログ , 2022 All Rights Reserved.