今週のマーケット

3分で読める!今週のマーケット(5/24〜5/28)

今週も1週間お疲れ様でした。

来週を迎える前に今週どんなできごとがあって、世界のマーケットはどうだったのか一緒に3分間で確認していきましょう。

来週の主要イベントも要チェックですよ。

 

📈主要マーケット

💰為替

主要通貨       レート     先週比  変動率

🇺🇸🇯🇵ドル/円      109.9円    +0.9円      +0.8%

🇪🇺🇯🇵ユーロ/円     134.0円    +1.3円       +1.0%

🇦🇺🇯🇵豪ドル/円    84.7円    +0.4円      +0.5%

 

💹株価

主要指標          株価      先週比   変動率

🇯🇵日経平均   29,149円       +832円  +2.9%

🇯🇵TOPIX              1,947               +42     +2.2%

🇺🇸ダウ平均     34,530$          +322$    +0.9%

🇺🇸S&P500          4,204             +48     +1.2%

 

📊商品

主要商品        価格    先週比         変動率

💍金       1,904$       +22$      +1.2%

💣原油(WTI)    66.7$      +2.8$      +4.4%

 

☕️今週の振り返り

グローバル

世界株式市場は、米国のインフレ加速は一時的との見方から、FRBが早期の量的緩和縮小に動くことへの過度の警戒感が後退し、全体的に底堅く推移しました。

■日本 

FRB高官による量的緩和の早期縮小をけん制する発言が相次ぎ米国株が上昇する中、日経平均株価も堅調な値動きとなりました。

■米国

長期金利の落ち着きと経済正常化期待で株価は押し上げられた一方、史上最高値接近で利益確定売りにも押されました。

 

📖来週のトピック

■【日本】31日 4月鉱工業生産

5月31日に4月鉱工業生産が発表され注目されます。

■【米国】各種重要指標発表

5月ISM製造・非製造業景況指数、5月雇用統計など重要指標が複数発表されます。

 

⛳️使える小ネタ

■「週休3日の経済効果」

週休3日制の導入が活発に議論されています。

週休3日になると、休日が増えることで『消費の増加』と『収入の減少』が考えられます。

休日は平日に比べて約2000円支出が多いと言われており、週休3日になると月当たり9000円ほど消費額が増える計算に。

それに対して休日が増えることで、減ってしまう収入は基本給と残業代の減少で約5万円ほどと言われています。

働き方が変わる中で、自分が働くことで作れる資産は減ってきているのかもしれません。

『お金の働き方』を考えるのが重要になりそうですね。

 

直近のマーケット記事

3分で読める!今週のマーケット(5/17〜5/21)

今週のオススメ本

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPモンちゃん

 会社員34歳のモンちゃんです。 

 ファイナンシャルプランナー(FP)として働いている私が、これから訪れる副業・複業時代に必要な『お金の知識』や『家計の見直し』に関する情報を発信していきます。
 私自身も2022年3月までに、会社の給料と同じくらいの副業収入を作り、脱サラができる状態にまでなれるか挑戦中!
 『貯める力』・『稼ぐ力』・『増やす力』・『学ぶ力』を身につけ、経済的自立を達成し、あなたの理想の人生へ近づけるお手伝いができるようなロードマップを作っていきます。
詳しいプロフィールはこちら

-今週のマーケット

Copyright© FPモンちゃんのブログ , 2021 All Rights Reserved.