今週のマーケット

3分で読める!今週のマーケット(8/24〜8/28)

📈主要マーケット

💰為替

主要通貨        レート     先週比  変動率

🇺🇸🇯🇵ドル/円       105.3円    ▲0.5円    ▲0.5%

🇪🇺🇯🇵ユーロ/円      125.4円    +0.6円      +0.5%

🇦🇺🇯🇵豪ドル/円      77.6円   +1.9円    +2.5%

 

💹株価

主要指標          株価      先週比   変動率

🇯🇵日経平均  22,882円        ▲38円  ▲0.2%

🇯🇵TOPIX             1,604               0                0%

🇺🇸ダウ平均    28,653$         +723$       +2.6%

🇺🇸S&P500         3,508           +111        +3.3%

 

📊商品

主要商品        価格    先週比         変動率

💍金       1,973$       +26$       +1.3%

💣原油(WTI)    42.9$      +0.6$       +1.4%

 

☕️今週の振り返り

グローバル

今週の世界株式市場は、世界景気や企業業績回復への期待感が強まる中、米中通商協議開催や新型コロナワクチンの開発進展報道なども後押しとなり、全体的に堅調な相場展開となりました。米国のS &P500やNASDAQは史上高値を連日更新しています。

 

■日本 

日経平均株価は、新型コロナウイルスのワクチン開発への期待などから一時コロナ急落前の水準を回復しましたが、金曜日に安倍首相の辞任発表速報が出てからは急落する場面がありました。

 

■米国

良好な企業決算、新型コロナウイルスの感染者数拡大ペースが鈍化したことなどから、株価を押し上げる動きとなりました。

 

📖来週のトピック

■【日本】 31日 7月鉱工業生産

8月31日に7月鉱工業生産指数の発表があります。7-9月期の業績動向を探る上で、重要な指標となるため注目が集まります。

 

■【米国】 1日 ISM製造業景況指数

9月1日にISM製造業景況指数が発表されます。また、3日に日製造業景況指数や4日の雇用統計と重要指数が相次ぎます。業種ごとに景況感の方向性を確認していくことが必要です。

 

⛳️使える小ネタ

■「長期政権と株価」

歴代最長政権となった安倍政権ですが、体調不良を理由に金曜日退任を発表されました。その後任は誰になるのか。

歴史を見ると、株価上昇と在任月数には強い関係があります。日経平均だと安倍政権では株価が2倍、佐藤栄作政権では3.2倍、吉田茂政権では2倍になっています。実は長期政権の後の株式市場には嬉しい経験則が。

佐藤首相、吉田首相ともに首相退任の一年後は上昇しています。また新内閣が発足した際は『ハネムーン効果』の上昇も。

安倍政権後の日本に注目ですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPモンちゃん

 会社員34歳のモンちゃんです。 

 ファイナンシャルプランナー(FP)として働いている私が、これから訪れる副業・複業時代に必要な『お金の知識』や『家計の見直し』に関する情報を発信していきます。
 私自身も2022年3月までに、会社の給料と同じくらいの副業収入を作り、脱サラができる状態にまでなれるか挑戦中!
 『貯める力』・『稼ぐ力』・『増やす力』・『学ぶ力』を身につけ、経済的自立を達成し、あなたの理想の人生へ近づけるお手伝いができるようなロードマップを作っていきます。
詳しいプロフィールはこちら

-今週のマーケット

Copyright© FPモンちゃんのブログ , 2021 All Rights Reserved.